ライフ

【体験談】外注サイトは正直まだまだ稼げます。稼いだ金額を大公開

どうもSarukyoです。

本日は、前回書いた記事に関して深堀をしていきます。

【2020年】フリーランスで案件をかなり簡単に獲得する方法どうもSarukyoです。さきほどこのようなツイートをしてみました。 やはりフリーランスで外注案件を受けるときは、「提案文」が大事...

さらに以下のようなツイートをしてみました。

上記の通り稼げないと言っている人は、稼げない案件をこなしているだけです。

外注サイトは2020年でもまだまだ稼げます

外注サイトは実際稼げます

2020年以前からですが、外注サイトは稼げないと言っている人がいますが本当にそうでしょうか?稼げるというその理由は、

「私自身が1社からの収益で100万を超えているからです」

胡散臭いのも嫌なのでまずは、こちらをご確認ください。

こちらが1社で稼いだ金額になります。案件数にして、30-40件ほどなので平均1件で3万円前後の収益となっております。

他サイトも複数ありますが、これでも副業での外注サイトは稼げないのでしょうか?

副業サイト(外注サイト)が稼げないと言われている理由

それには主に以下の理由があります。

 

・自身のスキルがないから時給が低い

・そもそも価格の安い案件を取得だけして批判している

・高単価案件を取得できていない

全て自身の問題であるはずですが、ネットでは外注サイトが稼げない理由を外注サイトのせいにしている評判を数多く見ました。上記について少し深堀していきます。

そもそも稼げない人の共通点①

上記でも記載の通り、自身のスキルがないから時給換算でいくと時給が低くなる場合は明らかに自身のせいでしょう。

例えばですが、私が初めて受けた案件はweb製作でしたが勉強中であったこともありやはり完成には時間がかかってしましました。時給に換算すると500円いくかな?というほどです。

これは完全に私のせいだと思います。なぜなら今やった場合は、そんなに時間がかからないからです。当たり前ですが、

案件のせいにする前に自身の技量を見つめなおしましょう。

そもそも稼げない人の共通点②

そもそも価格の低い案件だけを取得していて、外注サイトは稼げないと嘆いてる方も同じです。元々単価の低い案件を取得てきてこれは稼げないでは身も蓋もないでしょう。

これも私の場合ですが、お宝案件(優良案件)と言われるものだけを確認するようにしています。スクレイピングができる方ならこれは簡単に自動で確認することができます。

単価の低い案件は確かにたくさんあります。特に簡単な案件でだれでもできる外注作業は特に単価が低いですし、あれでは確かに批判するのも無理ないです。ただ、低価格でも案件に応募してくる方がいるので価格は変わらないでしょう。

そもそも稼げない人の共通点③

これは②と重複する内容ですが、有料案件を取得できていない人と同じで見つけたとしても提案が選ばれないので高単価の案件を取得することができていません。

それでは、提案文を選定してもらうためにはどのようにすればいいのでしょうか?こちらが参考になります。

【2020年】フリーランスで案件をかなり簡単に獲得する方法どうもSarukyoです。さきほどこのようなツイートをしてみました。 やはりフリーランスで外注案件を受けるときは、「提案文」が大事...

こちらもきれいにまとまっているのでオススメです。

保健室で昼寝したい:クラウドソーシングで採用される提案文を書くコツ

どれだけ高単価の案件があっても上記の提案文を実践できていない倍は、採用されないのでまずは採用されるように目指しましょう。

稼ぐために実践したこと

それでは稼ぐために実際に実践したことは以下になります。

 

・専門性のあるジャンルで勝負する

・高単価案件にのみ注力する

・専門分野の自身のスキルを上げる

上記をさらにこれから深堀していきます。

専門性のあるジャンルで勝負する

これは例えばプログラミング、webデザイン、webエンジニアなどが代表的なジャンルです。ジャンルなので細分化するともっと詳しくありますが、イメージは掴んでいただけたはずです。

なぜ専門のジャンルで勝負するのか?

外注サイトにはプロフィールと実績が常時不特定多数の人から閲覧することができます。なのでもし自身が(ライティングや発送、アンケート、webサイト作成)など多岐にわたってやっていると何を主にやっている人かわからなくなります。

また、自身のアカウントでジャンルを絞ることで過去の実績やランクによって案件を獲得でき場合もあります。

高単価案件にのみ絞る

これは先ほども記載した通りです。ご自分の受注している案件は、「高単価」でしょうか?

もし単価が低いなぁと思ったら、一度サイトで確認してみてください。

確かに低単価のものばかり受注してればこれは「必ず稼げません」だからと言って低単価のものを受けるな。というわけではないですが、高単価の物のほうが、明らかに稼げます。

高単価の案件をみつけるためにわざわざスクレイピングを学習したくないという方はこちらから

詳細>>高単価案件のみを確認する方法

専門分野の自身のスキルを上げる

これは先ほど記述した内容と同様ですが、自身のスキルがないと時給で考えると低くなります。もちろんフリーランスなので、自身で全てやりきらないといけませんのでスキルがないのは死活問題です。

私の知り合いの方のプログラマーの方は、時給が5000円以上です。それはプログラミングにすごく特化している例ですが他のジャンルでも同様のことが言えます。

さらにこちらを確認してみていただけるとわかりやすいです。認定ランサー一覧

こちらに記載されている方は、外注サイト側から認定を受けた方々ですが全て時給が高いです。公開されていない方もいますが、総額での収益を確認することもできます。

プロフィールを確認すると一目瞭然ですが、皆さんスキルが高いです。

当ブログでは特にプログラミングの場合はPythonのスキル向上に力を入れていますので興味のあるかたはご確認ください。