Python

【2020年】Pythonスクレイピング学習のオススメ2冊紹介します

先日こういった動画を出してみました

https://youtu.be/-38SRAWPZcI

この動画についてもう少し深堀していきます。

この記事の内容

 

・Pythonスクレイピング学習のおすすめの2冊の紹介

・その教材の勉強法

・2冊を完了させた後の学習スタイルについて

この記事を書いている私は、現在Pythonで主に案件を受注している現役のプログラマーです。一から独学で学び、初月で40万円を稼ぎました。

実際に私が選んで勉強した”2冊”について解説していきます。

Pythonスクレイピングでオススメの教材2冊

オススメする教材の1冊目はこちらです。

こちらの教材のおすすめする理由はこちらです

 

・知識が体系的にまとまっている

・改訂版によって使えるコードが豊富

・オライリー社の出版ということもあり知識量も圧倒的に豊富です

以上のように、「Python学習のための知識」を得るためにはもってこいの一冊です。ただ、かなり無機質な本とも考えられる側面もあるため一冊目のPython学習にはあまり向いていないでしょう。

他の記事でも紹介している通り、他のPythonの教材での学習を経験してから一度こちらを手に取るか、立ち読みするなどを通して購入するのがベターです。

オススメの2冊目はこちらです。

Pythonクローリング&スクレイピング -データ収集・解析のための実践開発ガイド- 

楽天などので販売は確認できないのですが、どうしてもおすすめしたい一冊なので強引にでも引っ張ってきました。

こちらの教材をオススメする理由は以下の通りです。

 

・スクレイピングが本当に一から学べる(基礎終わり次第)

・これ一冊でScrapyの扱いまで網羅

・スクレイピング本では珍しい、Seleniumに関しての記述もあります

・参考例が具体的である(ECサイトなど)

以上の理由がこの商品をオススメする理由です。どちらから始めたらいいですか?と聞かれれば間違いなくこちらの商品からです。

こちらの商品の方が最初に学習すべき理由

Python学習において最大の敵は、挫折することです。「挫折」をしてしまえば学習もはかどりませんし、やりたくないのが人間です。

学習の際は、比較的に簡単だなと思えるものから学習しましょう

正直なところ、オライリー社の本にまさる知識が詰まった本はないですが、また、オライリー社を超える挫折本もすくないでしょう。それはとても無機質な本だからです。

【解説】Pythonの学習で挫折しやすいポイントを予め紹介しますどうもSarukyoです。 本日はPythonを学習していくうえでの挫折してしまう点を予め解説しておきたいと思います。それは以前の...

以前こちらの記事でも紹介しましたが、オライリーの本はとにかく挫折しやすいです。ですので、一度簡単なもので学習することを強くお勧めします。